FC2ブログ
HOME > スポンサー広告 > title - 113番元素の名称が「ニホニウム」に決定!HOME > 自然科学 > title - 113番元素の名称が「ニホニウム」に決定!

記事一覧

グルメ

科学

生活力

旅行・観光

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

113番元素の名称が「ニホニウム」に決定!

遂に今日、113番元素の名称が、正式に「ニホニウム」に決定しました!
今回は、そのニホニウムに関連することについて書きます。
実は過去に、「ニッポニウム」と名付けられた元素がありました。

113番元素、ニホニウムとは?


本日、113番元素の名称が、正式に「ニホニウム」に決まりました!今までは「ウンウントリウム」と呼ばれていた元素です。ちなみに元素記号では「Nh」と表されます。


線形加速器を用いてビスマス209に亜鉛70を当てることで、ニホニウム278が出来ます。線形加速器というのは、粒子を直線的に加速させる装置で、亜鉛70を加速させてビスマス209に衝突させます。反応式は、次のようになります。

\[
{}^{209}_{83}Bi + {}^{70}_{30}Zn → {}^{278}_{113}Nh + {}^{1}_{0}n
\]
実は以前に、"ある元素"が「ニッポニウム」と名付けられていたのをご存知ですか?


幻の「ニッポニウム」


「ニッポニウム」と名付けられていた"ある元素"というのは、原子番号43の「テクネチウム」という元素です。テクネチウムは、最初の人工元素として有名です。天然には全く存在しない、というわけではないのですが、とても不安定ですぐに壊れてしまうため、地球上には存在しません。

1908年(今から100年以上も前ですね)、小川正孝博士が43番元素(当時は新元素)を発見し、それに対して「ニッポニウム」と名付けました。

しかし、追加実験で新元素の存在は確認されず、命名権を獲得することは出来ませんでした。43番元素は後に「テクネチウム」と名付けられることになったのですが、実は小川博士が発見した43番元素と考えられていた元素は、実は別の新元素で、原子番号75の「レニウム」であることが分かりました。

つまり、小川博士が発見したのは43番元素ではなかっただけで、新元素を発見したことは確かだったということです。そう考えると悔しいですね。

このような背景があることを考えると、今回日本が命名権を獲得できたのはより感慨深くなります。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

とても良いニュースだったんですね。
物理が苦手な私でも、ちゃんと理解できました。
ありがとう。(^o^)

Re: No title

ご訪問&コメントありがとうございます!

お役に立てて光栄です!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Rh+

Author:Rh+
物理学専攻の大学4年生

【趣味】
アニメ、漫画・イラスト描き、
ラーメン、株式投資、etc
【資格】
英検準1級、応用情報技術者

ブロとも申請やコメント等はご気軽に!
過去記事へのコメントも大歓迎です!

FC2ブログランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
5771位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大学生
170位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。