FC2ブログ
HOME > スポンサー広告 > title - 目次勉強法が効率的で面白いHOME > 大学生活 > title - 目次勉強法が効率的で面白い

記事一覧

グルメ

科学

生活力

旅行・観光

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目次勉強法が効率的で面白い

僕もたまに使う勉強方法として、「目次勉強法」というものがあります。さほどメジャーな勉強法ではなさそうですが、おすすめの勉強法としていろいろなページで紹介されています。僕も個人的にこの方法を思いついて実践していました。これさえやれば高得点が取れる!という直接的な方法ではありませんが、それに繋がる道筋を教えてくれます。


目次はその本の要約だ!


目次というのは、箇条書きで書かれた要約だと僕は思います。要約、つまり、その本の大事なところを短くまとめてくれているということです。それに大抵は重要語句が目次に紛れ込んでいます。これを有効活用しない手はないと思いませんか?

参考書の分厚さにもよりますが、大抵目次は見開き2ページくらいだと思います。ものによっては1ページにまとめられていることや、やたら細かく目次が書かれていることもあるかもしれません。目次が長い場合は工夫が必要ですが、勉強するときにすべきことは、使う参考書の目次を覚えてしまうということです。目次を覚えるタイミングは早い方がいいですが、僕はある程度参考書を読んでから目次を読んでます。


目次を覚えれば全体像が見えてくる!


目次を覚えてしまうと、その参考書の全体像が分かります。つまり、頭の中にその本に書いてある内容を収納する棚を作ってしまったというわけです。この状態になると、精神的にも格段に楽になります。最悪この部分は捨ててしまおうということも出来ます。

話が少しずれますが、参考書は2周以上しろとよく言われませんか?この理由の一つとして、全体像が把握しやすくなるというものがあります。

映画なりアニメなりを1回見ただけでは、最初にどんなことがあって、どういう理由でこんな展開になって...ということを思い出すのは難しいですよね。断片的に展開を覚えている程度だと思います。でも、2回以上見たものって、このあとどうなるのかが格段に覚えやすくなりますよね。しかも、ある展開からある展開までの流れが意外と短いことに気づくこともあります。これは勉強でも同じです。つまり、こういった心理を応用したものが、参考書を2周以上するという勉強法の根本だと思います。

しかし、参考書を2周するのはなかなか大変な作業です。1周ですら大変ですよね。そこで、その作業を楽にするために、まずは要約である目次だけを何週もしてしまうわけです。

目次を一通り覚えたら、あとは参考書を読み込むのみです。おそらく、目次を覚える前と覚えた後では、効率が格段に上がると思います。

ただ、目次勉強法には決定的な弱点があります。
それは、目次を覚えたところで点は取れないということです。
当たり前ですが、目次を覚えた後はちゃんと勉強する必要があります(笑)

おもしろそうだと感じたら、ぜひ応用してみてください!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Rh+

Author:Rh+
物理学専攻の大学4年生

【趣味】
アニメ、漫画・イラスト描き、
ラーメン、株式投資、etc
【資格】
英検準1級、応用情報技術者

ブロとも申請やコメント等はご気軽に!
過去記事へのコメントも大歓迎です!

FC2ブログランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
5295位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大学生
144位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。